にきび跡 クレーター

にきび跡クレーター

にきび跡クレーターをつくらないためには、にきびをつくらないことが一番です。日々のスキンケアで肌を清潔にキープし、保湿をしっかりとすることで維持したいのが肌の良い状態です。便秘がちな体質はにきびを悪化させますので、便秘解消もにきび跡クレーターの予防になります。体に良い食事を毎日摂り、生活習慣を改善することが、にきび対策としておすすめです。もしもにきびができてしまったら、にきび跡がクレーターにならないように早い段階でケアをします。

それほど症状がひどくならないうちに、にきびの治療をしておけば、にきび跡もできずクレーターにもならないようです。にきびの原因は皮膚の常在菌であるアクネ菌です。自宅でのケアでは、アクネ菌を殺菌するにきびケア用品を使います。にきびをとにかく膿まないように気を付けることで、にきび跡クレーターをつくるのを防ぐことができます。にきびケア用のスキンケア用品が販売されていますので使うといいでしょう。にきびの治療を皮膚科でしてもらったほうが良い症状もあります。

皮膚科で処方してもらったほうが良いのが、にきび治療に効果があるぬり薬や、飲み薬です。にきびができても、手で無闇に触ったり、潰して膿を出そうとはしないようにしましょう。手でにきびを潰すことで皮膚がダメージを受けるので、もっとにきびの症状が進み、クレーターやにきび跡ができてしまうので注意しましょう。


にきび跡クレーターを隠すメイク

にきび跡がへこんでクレーター状のお肌になることがあります。肌のへこみをメイクでカムフラージュするのはなかなか大変で、化粧で軽い色素沈着程度なら隠すことができますが、へこみはそうはいきません。お肌そのものが陥没しているために、軽くメイクをする程度ではどうしてもにきび跡が残ってしまいます。にきび跡のクレーターをメイクでわからないようにどうすれば、できるのでしょう。ファンデーションを厚塗りして隠そうとする人がいますが、かえって目立つことにもなりかねません。

おすすめの方法は化粧下地で陥没を隠すことで、パウダーファンデーションを利用すると、厚塗りしていることそのものがかえってよく見えてしまうのです。化粧下地をしっかりつけることで、肌の凹凸を隠してなめらかに見せることができます。フェイスパウダーには光を拡散する効果があるので、にきび跡のクレーターをカモフラージュできます。光沢のあるフェイスパウダーなら顔の影ができにくくなるので、クレーターが影を作りにくくなります。

実際に利用する化粧品は、毛穴隠し専用のものがぴったりです。メイクの前のスキンケアも大切になってきます。保湿をしっかりして、肌を乾燥から守りましょう。お肌そのものが弾力がありふっくらしていれば、にきび跡のクレーターは結果的にあまり見えなくなるでしょう。