紫外線 シミ 原因

紫外線対策とシミの原因について

紫外線が多くなる季節、きちんとした紫外線対策がシミやしわのないきれいなお肌を維持する為にも必要です。なぜ紫外線がお肌のしみやしわを増やすのかメカニズムを把握することで、適切な紫外線対策ができるようになります。太陽の下に出ていて、肌に紫外線が当たると、肌の一番外側の表皮にあるメラノサイトという細胞がメラニン色素を作り始めます。紫外線はメラニン色素によってつくられた黒い部分に集まるので、皮膚の奥まで紫外線が届きにくくなります。元々は肌を守るために生成されたメラニン色素です。とはいえ、メラニン色素が多くなりすぎると色素沈着の原因になることがあります。

肌はターンオーバーによって再生し、生まれ変わっていますが、肌が再生される際に使われたメラニンは一緒に外に排出されます。お肌にシミができるのは、ターンオーバーによって排出されきれなかったメラニン色素が沈着し、皮膚の中に留まっているためです。シミというのは、紫外線に当たってもすぐには現れないもので、しばらく時間が経過してから目に見えてきます。夏が終わり、季節が経過して秋や冬になってから、紫外線が強い時期に浴びた影響がシミやくすみとなってあらわれてきます。後になって後悔しないように、普段から紫外線の対策をきちんとすることが大切なのです。しみやくすみのない肌であり続けるためには、夏以外の季節でも紫外線への対策を講じ、長時間紫外線を浴びることのないように肌を守るようにしましょう。