大人ニキビ 美肌

どうして大人ニキビは出来てしまうの?

ニキビといえば10代の青春の象徴のように思う人も多いかと思いますが、実は20歳を過ぎてもできるニキビいわゆる大人ニキビに悩む人が増えています。大人ニキビは顎のあたりにできて、治りにくくて痕が残りやすかったり、厄介な存在です。また生理前に悪化するなどの特徴もあります。

大人ニキビは、皮脂分泌が多いと発生しやすくなりますが、必ずしもそれだけが原因とは言えません。そもそもニキビのできる仕組みは、毛穴に溜まった角質が毛穴を塞いでしまうことにより、塞がれた毛穴の中に皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖してしまいニキビというかたちで炎症が起こります。

しかし、大人になってできたニキビの場合、乾燥肌であっても、皮脂分泌が少なくてもできる場合があり、はっきりとした原因は解明されていない部分もあります。
引き金になるのは、ストレスや生活習慣の乱れなどにより、ホルモンバランスが崩れることが原因となってしまう場合が多いようです。
そのため、大人ニキビの改善には、まずは生活リズムを正し、規則正しい生活と十分な睡眠をとって、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

スキンケアを行う場合は、油分の多いクリーム系は避け、肌の水分を高めることが重要です。



10代のニキビケア

10代のニキビケアは、大人ニキビと違いある意味原因がはっきりしています。10代のニキビの多くは、Tゾーンなどの皮脂分泌の多い部分に発生し、過剰な皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌が繁殖してニキビが発生しますので、対処法としては、洗顔でしっかり皮脂を落とし清潔に保つことが重要です。