保湿はスキンケアの女王様

粉が吹くほどの乾燥肌


保湿クリーム


ネット社会となった今では、情報は簡単に手に入ります。しかしその情報は全てが正しいとは限りません。特にスキンケアに関しては真逆の情報もあり、どれを信じたらいいのか分からない方がたくさんいらっしゃることでしょう。

またお肌は日々変化をします。毎日の体調によっても違いますし、季節ごとにも変わるものです。更に年齢を重ねると体自体が様々な変化をする為、今までの方法ではお肌が回復しない場合も多いのです。美肌をキープするためにはスキンケアの基本を知ることが大切です。

まず一番に考えなければいけないのはお肌を地盤から立て直し、お手入れするということです。トラブルに負けない肌の地盤を作る為には、なんといっても保湿が大切なのです。もちろんその補佐的に、食事のことや睡眠の事、またストレスをためないことも大切なことですが、本当の意味での保湿を理解することから始めましょう。
若いうちにはキメの整ったツルッとしたお肌が当たり前ですが、これは遺伝もありますが、保湿によってキメを整えることが出来るのです。お肌の構造は皮丘と皮溝からなっています。皮丘がきれいに並ぶと肌表面が滑らかになり、透明感が増していきます。それを整えるのに役立つのが保湿なのです。

お肌の保湿と効くと化粧水を思え浮かべる方が多いですが、実は化粧水では本当の意味での保湿は出来ません。化粧水の成分は殆どが水分で時間が経つと蒸発してしまうのです。化粧水成分を乳液でふたをして閉じ込めるのが保湿、という考え方が長い間信じられてきましたが、その考え方は残念なことに間違いなのです。本当の保湿とは体の外から水分を取り込むのではなく、身体の中から水分を湧き出させることなのです。

その為にはお肌が自ら保湿物質を作り出す手伝いをしなければいけません。その成分の最たるものが「セラミド」で、湿度や気温の変化と言った環境の変化に対応できる保湿の女王様なのです。スキンケアの基本は保湿を考えることから始めましょう。