お肌の老化は10代から始まっている

お肌の老化は10代から


肌老化


人の身体は年齢と共に変化をしていきます。その代表的なものに老化があります。年を取ることには逆らえませんが、加齢による肌老化はどんな女性にとっても深い悩みです。その悩みを解決するために、年齢と共に衰えていく肌を遅らせるための方法がアンチエイジングなのです。

なぜお肌は老化をするのでしょうか。その一番の原因が紫外線です。お肌は紫外線を浴びるとお肌を守ろうとして防御機能が働き、シミやシワが生まれるのです。

また紫外線を浴びることでコラーゲンの生成機能が低下をしていきお肌が乾燥します。お肌は乾燥によってさらにダメージを受けやすい状態になり、放置すると更なる肌老化を招くのです。コラーゲンはただでさえ加齢により作られる量が少なくなっていき、そこに紫外線によるダメージが加わると、お肌がボロボロになるのは言うまでもないことです。まずは紫外線を防ぐことから始めましょう。

シミはシワが気になり始めるのは20代後半くらいからですが、シミ対策は10代からすでに始める必要があるのです。20代に入ったらビタミンC誘導体入りの化粧水を使い、30代からはピーリング剤などでお肌の活性化をしていきましょう。

お肌の老化の主な原因にはもう一つ活性酸素が挙げられます。人は栄養を摂取してエネルギーを発して生きていますが、その際にどうしても活性酸素は発生するのです。発生した活性酸素はお肌を錆びつかせ老化の原因となります。

これに対する対策としては、抗酸化成分が配合された化粧品を使用することが必要です。抗酸化成分として効果がある成分はポリフェノール、甘草エキス、オウゴンエキスなどの植物エキスです。化粧水や美容液で補っていきましょう。

また寝不足やストレス、喫煙、偏った食生活によっても活性酸素は増えていきます。これらを改善することもアンチエイジングには重要な事なのです。

アンチエイジングには積極的な対策が大切です。美顔器を使用して美容成分をしっかりお肌に送り込むイオン導入機を使用するのも即効性が見込めます。