フェイスシートやラップを上手に使って

フェイスシートやラップを上手に使って

フェイスパック


化粧水、乳液、美容液。スキンケアのために活用したい種類はたくさんあります。皮膚から吸収させて効果を保たせるには、かなりの吸収力をあげることを考えなければ、なかなか肌のなかに残ってはくれません。

週一度は顔の産毛をそり、化粧水などが肌に染み込みやすいようにケアすることも随分と助けになりますが、せっかくの塗ったものが肌にきちんと留まっていってくれるようにラップやフェイスシートは役立ちます。先日、洗濯物が太陽の熱でどんどんと乾いていく様子を見ていて考え深いものがありました。お肌も同じように、太陽の熱に当たったところへいると、どんどんと乾燥して行くのだろうなと考えるととても恐ろしく思いました。太陽の熱は、家のなかににいてて直接当たらなくても、もちろん働いていますから、せめてスキンケアの時間にきちんと奥まで蓄えられるように気を付けたいと感じました。

なかなか時間をとるのは難しい生活サイクルの人も多いかと思いますが、単に塗って終わるだけではあっという間に蒸発してしまうとおもいます。
それで、化粧水をフェイスシートにしっかりと含ませたものを使用し、その間にすべき用事をこなして、忙しい時間を賢く活用することができます。しっかりと密着させておけば、バタバタと多少走っても剥がれてしまうことはありません。

質は劣るかもしれませんが、100円均一でも手軽なお値段でフェイスシートは購入することができますし、通信販売でもお得に購入することができるので、厚みや肌触りの好みのものを選ぶのも良いかと思います。そして、クリームを塗ったあとには、ラップを使って、カバーするようにしておきます。呼吸が苦しくならないように気を付けます。そのまま寝てしまうことがあれば危ないので、額、両頬、顎下にそれぞれバラバラにカットしておいてパッチワークのようにペタペタと貼っていきます。

あまり、長い時間放っておいてしまうと、逆に蒸れてしまい痒みが発生するので本当に短い間だけにとどめます。クリームを塗った肌をラッピングして、温かくした両手で優しく押さえ、肌に栄養分を浸透させます。