スキンケアは自分に合ったものを選ぶ

スキンケアは自分に合ったものを選ぶ

モデルさんみたいにきれいな人を見て、私はあんな風にはなれないわっと思い諦める人と、そのモデルさんが使っているお勧め商品を真似して、キレイになれるのではないかと、使っている人がいると思います。モデルさんが使っている商品と言うのは、たいていは販売促進のものであり、営業利益を上げる為に、イメージキャラクターのキャンペーンとして宣伝しているものなのです。

だから、高い値段の商品か、最新の宣伝目的の商品かどちらかでしょう。モデルさんが使っている商品だから、モデルさんの様にキレイになれるのでは無いかと錯覚してしまいがちですが、いざ使ってみると、モデルさんの様にキレイになれる人は少ないでしょう。なぜならそれは、モデルさんと肌質が違うからです。モデルさんが、油分の多い肌で、自分自身は超乾燥肌で敏感肌であった場合で、全く同じスキンケアを使っていたなら、同じような効果は出ないと思うのです。

そんな風に誰かの真似をしてスキンケア商品を購入するのも、お試しのきっかけには良いとは思いますが、それが自分自身の肌に合うのかどうかは使ってみないと結果は解りません。本来、洗顔の後に、そのままの状態で居ても良い人もいるのです。それを、洗顔後にスキンケアを塗るというのは、顔がつっぱったりするから使うのです。もしも洗顔をしないのであれば、スキンケアは塗らないと思うのです。

だから洗顔は肌の汚れである悪いものも取り除いてくれますが、肌に必要なものも取り除いてしまいます。洗顔の成分によって肌にある良いものが足りなくなったので補うというのがスキンケアの本来の使用目的でしょう。水分補給の保湿の潤いの為、そしてハリや、キメや、ツヤをつける為に使うのです。

そんなスキンケアは、自分の肌に足りない成分を補うべきであるので、人とは違う、自分の肌にあった成分が入ったスキンケア商品を使うと、効果的であるのです。自分の肌には何が足りないかと言うのは、見た目でも解ります。くすみや、シワやシミや、潤い不足など、そんな症状が出たなら、それを補えるエレメントが配合されたスキンケアを使用すると良いでしょう。