洗顔しないのがアンチエイジング

洗顔しないのがアンチエイジング

今までお化粧をした時には、クレンジングで落とした後に洗顔をして洗い流していました。そして、それは当たり前のように誰もがしています。世間の常識っていっても言い過ぎではないと思います。

でも、その常識が覆えされるなんて、私は夢にも思っていませんでした。それは、30代に入りお肌の状態がよくなくなり分かってきたからです。20代までは皮脂も多く、そのせいかテカリもありましたので、お化粧を落とした後はしっかり洗顔をして洗い流していました。

もちろん、洗顔のあとのお手入れもしっかりしていました。この時は、お肌の調子が悪い事はありませんでした。でも、30代に入ってから、洗顔の後、顔がよくつっぱりカサカサとしてきました。日増しに酷くなっていきますので、皮膚科を受診しました。

そこで分かったことは、クレンジングでお化粧を落としているのに、それに加えて洗顔をしている。洗い過ぎが原因であることが分かりました。クレンジングで綺麗にお化粧を落とす。と言うことは、その時に皮脂まで落としています。そして、洗顔でさらに皮脂は洗い流されます。皮脂はどんどん剥がされていき、潤いがどんどんなくなっていきます。だから、カサカサになりつっぱることになる。

必要以上の洗顔は肌によくない。と言うことでした。このまま、洗顔を繰り返していくと、シミ、シワの原因になる。と言われました。習慣や無知は恐ろしいものです。私はそれ以来、お化粧をした時はクレンジングはしますが、洗顔をしなくなりました。

それをしばらく続けていたら、今までカサついたり赤くなっていたお肌がツルツルに戻りました。それで、初めて原因は洗顔にあったんだ。と気づきました。それ以来、10年ほどになりますが、私はクレンジングの後の洗顔は止めました。個人差はあると思いますが、少なくても加齢による皮脂の状態は減少していくのは事実です。その皮脂を落とさないようにすることがお肌の潤いに繋がり、シミ・シワを作らないアンチエイジングの基本だと思います。