一手間で変わるお肌の保湿法!

一手間で変わるお肌の保湿法!

乾燥がどんどん厳しくなってくるこの季節、みなさんのお肌は大丈夫ですか?乾燥が厳しい時期になると保湿剤や保湿ローションなどの薬を使うようになる方も多いかと思います。実はこの保湿材、とっても選び方が大切なんです!

まず初めにお肌にとって大切なのは「保水」です。実は多くの化粧水はこの保水を目的に作られているのですがご存じでしたか?お風呂上がりの肌は水分を多く含み、ふやけて膨らんでいる状態です。この状態で使用したいのはグリセリンや尿素などを含んだ水分をたくさん惹きつける能力のある化粧水です。

この時注意したいことは「アルコールを含まない商品を選ぶ」ということです。アルコールは皮膚表面の油分を流してしまうことがあり、一瞬だけ保水力が上がるものの、水分がどんどん蒸発してしまい結局は乾燥してしまったなんていうこともあり得るのです。

さらに、ここでは肌に刷り込んで乾燥させようとせず、肌が湿ったまま放置するようにしてください。お風呂上がりの皮膚は柔らかく、簡単に傷ついてしまいます。こんな時に化粧水を刷り込もうとするとそれだけで肌に細かい傷がついてしまい、表面の角質が一部剥がれたようになってしまいます。

お肌の角質層は実は水分の蒸発を防いでくれているとても大切な役割をしているので、そっと表面を湿らせたらあとは自然乾燥さるようにします。続いて大切なのが、クリーム剤です。一度保湿を行ったあとにセラミドなどの油分を多く含むクリームをしっかりと塗布することで水分を肌から蒸発させないように守ることができます。

この肌からの蒸発の抑制が実は多くの日本人が行えていない問題点だと言われています。お肌の状態に合わせて、目的別に薬を使い分けることでお肌のケアはだいぶ楽チンになります。これからまだまだ乾燥する季節が続きます!ちょこっとした薬に関する知識だけでお薬の選び方がだいぶうまくなり、お肌の状態も格段に良くなることだと思います。みなさんも是非お試しください。

肌質を変える人