紫外線対策は24時間対策が大事

紫外線対策は24時間対策が大事

時間イメージ

紫外線対策は、化粧品と別に、日焼け止めを利用することをお勧めします。それは、紫外線は朝早くから夕方遅くまで多くの紫外線を降り注いでいるからです。紫外線は、日焼けの以外に、老化の原因にもなります。しわ・乾燥・くすみなどは、紫外線対策で、防ぐことができます。

紫外線カットの化粧品は、多く発売され、基礎化粧品で、紫外線対策することは、とても便利です。化粧水は、直接肌に付けるものなので、角質層への潤い効果、美白成分を補給する効果が期待できるものです。紫外線対策用の商品を選ぶことで、角質層に届いてしまった紫外線が、メラニン色素を作り、シミを形成してしまうことを防ぎます。このような基礎化粧品は、紫外線対策として効果が期待できるものです。

夜の肌ケアも、これと同じ基礎化粧品を使用することで、朝早い時間の紫外線対策は、心配する必要がないです。夜中は紫外線対策は必要ないですが、早朝のことを考えれば、夜の肌ケアは、効果大です。

日中の外出対策は、日焼け止めを使用します。外出時間によって、SPFとPAの指数を合わせることが大事で、外出時間に対して不足の場合は、付け直すことが大事です。付け直す場合、スプレーやミストを利用すると、化粧を直すことなく、サッと利用でき、とても便利です。

SPFは、30〜40を日常的に使用するのが一般的ですが、不安な方や、外出時間が長い場合は50を使用します。日焼けする時間が早い方は、指数の高いものを使用する必要があります。そのPAは、紫外線カットの効力です。+の数が多くなるほど強くなります。日常は+++で十分ですが、レジャーなどは+++++が必要です。日焼け止めは、その日の日程、外出時間をしっかり把握し、それに合った日焼け止めを使用することで、しっかり対処できるようになります。

紫外線対策は、このようなことを踏まえて、24時間対策の基礎化粧品と、日中の日焼け止めのダブル効果で、大きな効果を得ることができます。