いつまでも美肌でいるために

いつまでも美肌でいるために

美肌、美白女性なら永遠の憧れのキーワードですね。いつまでもシミひとつない美しい肌になる為に、知っておきたい大切な事があります。

それは先ず紫外線を避けること。紫外線は肌の中にある基底層を刺激してメラニンを作り出します。それが日焼けです。これは有害な紫外線が肌内部に入ってこないようにしている、大切な体のメカニズムです。なぜなら紫外線は単に小麦色の肌になるだけでなく肌内部のコラーゲンやエラスチンを破壊し肌の弾力を奪ったり、肌細胞を刺激し良性腫瘍や悪性腫瘍などを発生させる危険性があります。その他光線過敏症といって紫外線にたいするアレルギー反応を誘発することもあります。

日焼け止めクリームや紫外線カットの衣類、日傘、サングラスで紫外線カットを心がけることが美肌、美白の条件になります。紫外線にはUVA,UVBがありUVAは肌を日焼けで黒くするもので、UVBは肌を赤くする光線です。UVBはガラスを通過しにくいのですが、UVAはガラスを通り抜けます。そしてUVAは肌深部まで到達して、コラーゲン組織を破壊してしまいます。その為、室内にいても紫外線対策は重要です。

もうひとつ美肌に重要なことは肌を生理学的見地から見ることが大切です。肌をマイクロスコープで見ると、毛穴ひとつひとつに小さく尖った皮膚が出ています。クレンジングクリームやクリームを延ばす時に肌をこすりすぎると突出した先端が傷つきます。すると角柱という小さな種のようなものが出来ます。次に又こすると角柱が大きく露出して毛穴は少しずつ大きくなり毛穴が開いていきます。

又こすりすぎるとその刺激で肌の角質層がめくれ上がり隙間からどんどん水分が蒸発してしまいます。それがすすむとキメがなくなっていつもカサカサした乾燥肌になってしまいます。その上こする刺激でメラニンが活発になり肌がくすんだりシミになりやすくなります。

スキンケアをするときにはむやみにこすらないこと、洗顔の時も泡立てネットなどでしっかりと泡を立てその泡で優しく包み込むように洗顔することを実践するだけで肌は蘇ります。肌には旺盛な再生力が備わっています。その力を生かして、いつまでも美肌を保ちましょう。