簡単に作れるオリジナルシートパック

簡単に作れるオリジナルシートパック

秋冬はもちろんのこと春夏でも紫外線やエアコン、一年中を通してお肌の悩みといえば乾燥ですね。乾燥はシワやタルミの原因になるなど美肌の大敵。乾燥対策こそ美容のための1番の対策といっても過言ではないのではないでしょうか?

そこで、ぜひお試し頂きたいのが自分で作れるシートパックです。毎日シートパックを使うなとなると、ちょっと気になるのがコストのことです。しかし、ご紹介するシートパックは自分で作れてリーズナブル。また、自分で作れば中身についても安心というのもうれしいところです。

用意するものは、料理用やハーブティーとして販売されている乾燥のローズマリーとゼラチンだけ。ローズマリーは保湿性に優れており、肌の乾燥を防ぐには最適なのです。また、香りにはリラックス効果があるのもおすすめのポイントです。

また、ゼラチンはコラーゲンの塊ですから、肌にハリや弾力、潤いを与えるとともに、ゼラチンで肌の表面にフタをしてあげることでさらなる乾燥を防止する効果も。どちらも自然のもので肌に優しいので安心してお使いいただけます。

作り方も簡単。ミネラルウォーターや蒸留水を1カップに乾燥ローズマリーを一つかみ5〜10グラム入れて沸騰させます。5分ほど煮立てればOK。茶漉しやフィルターなどを使ってローズマリーの葉をこしたものに、ゼラチンを小さじ1杯程度加えてよく混ぜます。清潔なタッパーにコットンか、化粧水に浸して使うタイプのシートマスクを入れてそこにローズマリーとゼラチンのパックを注いだら冷蔵庫で冷やして完成です。

タッパーはコットンやシートマスクが十分に浸せるくらいのサイズのものを選ぶのがポイントです。また、このパックは無添加ですので作りすぎは禁物。この量で一度に作れるのは5〜7回分くらいですので、冷蔵庫に入れていても一週間程度で使い切るようにしてください。

はじめに材料を揃えてしまえば、結構な回数作ることができるためリーズナブルです。お好みで精油を加えて香りを楽しむのも楽しいですのでぜひ色々お試しください。