自宅で簡単ディープクレンジング

自宅で簡単ディープクレンジング

タオルドライ


とっても簡単、普段のスキンケアについてご紹介します。スキンケアといっても朝と夜とで違いがあるのは、ご存知ですか?

朝は、日中に受ける乾燥、紫外線やホコリなどから肌を守ることが、メインとなります。夜は、日中に肌が受けたダメージから回復、汚れをととが重要です。

夜のスキンケアでは、肌の負担になる汚れをクレンジングでしっかりと落として、化粧水や乳液、美容液などでしっかりと栄養や潤いを与える事が大切です。

また、ダメージを受けた肌を回復させる為には、良質な睡眠も重要となります。お風呂や睡眠前に部屋の照明やアロマを使いリラックスして良質な睡眠をとれるように心がけましょう。

また、洗顔やメイク落としは、やはり帰宅してすぐではなく、お風呂の時が効果的です。湯船に入る前に洗顔やクレンジング、身体を洗ってから入るという人も中にはいるかと思いますが、まずは湯船に入り、身体を温めましょう。

身体が温まると、毛穴が開き、汗と一緒に汚れや皮脂も排出されやすくなります。洗う順番は、クレンジング後に洗髪、その後、身体を洗い、洗顔の順に行います。

シャンプーやリンス、トリートメントは、肌に残る事が多く、肌トラブルの原因になることもありますので、最後に洗顔をするようにします。

また、自宅で簡単にできるディープクレンジングのやり方をご紹介します。ディープクレンジングは、肌の表面や毛穴に詰まった古い汚れや角質などをしっかりと落とすことが出来ます。エステで人の手によってやってもらえば、とてもリラックスして肌もキレイになって気持ちがいいですが、毎回エステに通うのは、なかなかお金も時間もかかります。

しかし、自宅で簡単にできる方法もあります。手軽に定期的にすることで、くすみや黒ずみなどをケアすることが出来ます。スチーマーをお持ちでない方の為に、ホットタオルで簡単にするディープクレンジングのやり方をご紹介します。

まず、ホットタオルをつくって下さい。ホットタオルで顔全体を包み込みます。毛穴を開かせましょう。ホットタオルの蒸気で交感神経の働きをゆるませ、肌の乾燥も防ぎ、顔がリラックスします。毛穴が開いたら、クレンジングをします。

この時、指先をクルクルと回して、優しくマッサージする様にします。あまり、力をいれてすると逆効果になり、肌トラブルの原因となってしまいますのでご注意下さい。顔に十分になじませてマッサージをした後、ぬるま湯で洗い流します。ディープクレンジングの後は、いつも以上の保湿が必要です。

シートマスクなどで潤いを与えるのもおすすめです。ディープクレンジングは、週に1〜2回を目安に行って下さい。普段のスキンケアとこのディープクレンジングの併用で、肌トラブルも改善されると思います。