洗わない洗顔が美肌への近道!?

洗わない洗顔が美肌への近道!?

私が自信を持っておすすめできるアンチエイジング方法は、顔を洗わない洗顔法です。私はこの方法を20代の頃から現在に至る34歳まで10年以上続けていますが、今になっても小じわが一つもありません。

学生の頃は何も気にすることなく普通に毎朝毎晩バシャバシャ顔を水につけてクレンジングと洗顔料を使用してダブル洗顔をしていた私ですが、フランスに留学した際、現地の女性がメイクを拭き取る洗顔方法をしていたことに非常に驚きました。彼女たちはコットンにミルク状もしくは液体のクレンジングを染み込ませ顔をなぞるようにメイクを落としておしまい。

その後は化粧水も付けずに直にナイトクリームを塗るだけ、という当時の私からしたら驚きのお手入れ方法を行っており、こんなやり方でニキビができないのか!?と不思議に思っていました。

なぜなら私は若い頃ニキビに悩まされた経験があるので、皮脂汚れは夜にきっちり洗い流さなければ絶対に肌荒れを起こすと信じ切っていたのです。だから現地でも日本にいたときと同じように朝晩と洗顔料・クレンジングで顔を洗い流していました。しかし、この洗い流す洗顔方法を続けていると、ある時肌がガサガサになり頬に痒みが出るようになってしまったのです。皮膚科でドクターから指摘されたのが顔の洗いすぎ。しかもフランスは日本と違い硬水であるため水が知らず知らずのうちに肌を痛めてしまうことに気づいたのです。

その後私はきっぱりと洗顔方法を変えてみました。夜にシャワーを浴びる時ですら顔を水に付けないようにシャンプーし、洗顔の際はミネラルウォーターのスプレーをまんべんなく顔に吹きかけて濡らします。その後ビオデルマのクレンジングウォーターをコットンに染み込ませ、そっと拭き取ります。コットンはケチらずに変え、その都度ミネラルウォーターを吹きかけます。コットンに汚れが付かなくなった時点で保湿効果のある化粧水でパッティング、その後美容液を付け、最後にナイトクリームで蓋をします。

朝の洗顔法もこれと同じで、ミネラルウォーターをたっぷり顔に吹きかけてクレンジングウォーターで拭き取って終了。

この方法を続けているうちに、乾燥から来る肌の痒みが驚くほど改善されていることに気づきました。心配していたニキビですが、生理前以外は一切出ることは無かったです。おそらく以前は洗顔による乾燥から肌が極度に皮脂を分泌して結果的にニキビ肌を導いていたのだと今になって感じます。プールやお風呂から上がったあとの肌を想像するとわかるように、皮膚は水に触れれば触れるほど天然の皮脂が落ちて乾燥していくので、まずは肌の乾燥を徹底的に防ぐこと。自らの細胞が作り出す天然の皮脂を保護してあげることが美肌への第一歩だと確信しました。

この方法は帰国した時もずっと続けています。日本は高温多湿で軟水の国なのでフランスほど気をつけなくても大丈夫ですが、乾燥肌からくる小じわで悩んでいる人はぜひこの洗わない洗顔法を試してみる価値ありだと思います。