美肌への道

美肌への道

まずは汚れを落とすこと

様々な美肌化粧品がありますが、美肌を作るコツはまず汚れを落とすことにあります。メイクをしたらその日のうちにリセットすること、朝起きたら夜のうちに出た汗や皮脂汚れをリセットすることを守りましょう。汚れを放置することは、肌へのダメージを蓄積させ、肌荒れを起こすことにつながります。

ポイントとなるのは、クレンジングと洗顔を両方行うことです。メイクによる汚れをクレンジングで落とし、さらに汗や皮脂膜などの汚れは洗顔料を使って洗っていきます。中には、「夜ケアしたんだから、朝はお湯でさっと洗えば十分。」と考えている方もいらっしゃいますが、夜のうちでも実はコップ1杯分くらいは汗をかいており、顔には汗、皮脂、ホコリなどがたくさん付着しています。これらを洗顔料を使って落としてあげることが、美肌を作る第一歩になります。もちろん、夜のメイク落とし・洗顔の時ほど時間をかける必要はありません。


洗い方に注意を払うこと

洗顔ではまず「力を入れてゴシゴシ洗わない」というのが大切です。優しくなでるように洗うように心がけましょう。メイクを落とすときは、洗った気がしない・汚れが残ってしまうと考えがちですが、アイメイクをかなり濃く行う人なのであれば、アイメイクを落とすリムーバー、ベースメイクはベースメイク落としを使うというように、分けて落としてあげる工夫も必要です。

洗顔においては、しっかりとまず泡立てて泡を肌にのせる、全体に泡をいきわたらせるように洗う、目元・口元はこすりすぎない、手のひらにぬるま湯をとり顔にパシャパシャかけるようにして泡を落とす、このステップを守って洗うようにしましょう。

肌が脂っぽいという方は、1日に何度も洗顔をしたくなる場合がありますが、基本的に1日2回の洗顔で十分です。洗いすぎは逆に肌にとって大切な潤いを保ってくれる成分まで失わせてしまうことになります。朝と夜の2回のリズムで洗顔を行うようにしましょう。


洗顔後のケアはただちに

洗顔をした後は、皮膚が乾燥するためすぐに化粧水・乳液などで保湿を行ってください。だいたいの目安は3分以内です。放置していると乾燥しすぎて肌に傷がつきやすくなりますので注意しましょう。

美肌をつくるためには、汚れをつけないこと・保湿することが大切です。美肌をつくるという化粧品の効果を高めるためにも、汚れをしっかりと落としておくように心がけましょう。