私のスキンケアの手順

私のスキンケアの手順

スキンケアイメージ


まず、クレンジングについてですが、私は洗い流すクリームタイプがおすすめです。肌への刺激物が比較的少なく、ダメージが少ないです。クレンジングシートは肌を強くこするので、肌への刺激が強いです。オイルクレンジングは、メイクを簡単に落とすことができますが、その分肌への刺激が強く、毎日使用するのはおすすめできません。

洗顔は泡で優しく顔を包むように洗うのが正解です。お湯は熱いと肌への刺激があり、乾燥を招くので、ぬるいめのお湯(36℃ほど)で洗います。このとき、シャワーを使用してはいけません。肌への刺激が極力少なくなるように、桶にお湯を入れて手ですくって洗います。

お風呂から上がったら、服を着、何よりも先に化粧水を顔につけます。化粧水をつけたからもう大丈夫というわけではなく、とりあえず、乾燥しないようにするためです。化粧水はたっぷりつけても、水なので時間とともに水分は蒸発します。気を抜かないようにします。

その後、スキンケアを行います。もう一度化粧水をつけます。コットンではなく手でつけるのがおすすめです。やわらかいコットンも手と比べればかたく、肌への刺激になります。
手でパッティングするのもいけません。たたくことは肌への刺激になります。

化粧水をつけた後に、美容液をつけます。保湿、美白などの効果がありますが、美白はとても大切です。夏のみではなく、冬も含めて1年中美白をする必要があります。美容液は少し高価なものが良いです。美容液をつけた後、アイクリームを塗ってしまいます。目の周りは非常に敏感で繊細なので、右利きの場合は、あまり力の入らない左手の薬指で目の下から上へ(目頭から目尻へ)あまり強くこすらずに塗ります。アイクリームは肌に合わない物だと赤く腫れてしまうので、初めて使うアイクリームの場合は、ヒリヒリしないか様子をみながら塗ります。

その後、乳液ではなく、オールインワンクリームをつけます。私は非常に乾燥肌なので、乳液ではすぐに乾燥してしまいます。オールインワンクリームには美容成分も含まれているので乾燥しにくいです。そして最後にオイルをつけて完了です。オイルは多く塗りすぎるとニキビができてしまうので要注意です。

外出前のスキンケアとしては、洗顔後にパックをします。朝に保湿をきちんとすることで、日中顔がパリパリになったり粉がふくのを予防できます。パックをしたら、上に記した手順通り、美容液、アイクリーム、オールインワンクリーム、オイル、日焼け止め、下地、ファンデーションを順番に塗って完了です。