ごまを食べて美肌を手に入れよう

ごまを食べて美肌を手に入れよう

29歳、産後1年未満の主婦です。ごまが身体に良いとはよく聞きますが、お肌の強い味方であることをご存じですか?

ごまを食べれば若返りに効くとうたって売られているごま商品も見受けられるほど、アンチエイジングに絶大な効果を発揮してくれるのです。ごまを食べることを習慣にして、見た目年齢が5歳若返ったという話を耳にしたので、私も実践してみました。

私は、夏は荒れ、冬は乾燥する肌と長年付き合ってきました。特に冬場の乾燥は激しく、粉を吹いたり皮膚がカチカチになって赤くなることもしばしばです。私が実践してみたのは冬。すりごまを買ってくるか、すり鉢でするかして、1日ティースプーン1杯程のごまを食べました。

ごまは、皮ごと食べると栄養をほとんど吸収することができないので、すりおろすことが絶対必要だそうです。ごまは酸化が早いそうなので、すり鉢でするときは、食べる直前にすることをおすすめします。そのまま食べたり、料理に入れて食べたりしました。

私はもともとごまが好きで、ふりかけとしてご飯や麺類にかけたり、ごま団子やごま豆腐などのごまを使った料理を好んで食べたりしていたので、毎日続けて食べることも容易でした。そしてなんと、開始3日目にして効果が現れ始めました。粉を吹いて化粧のりの悪かった小鼻の周りが潤っている感じがしたのです。

普段ならクリームを塗っても、めくれた皮膚が白く目立つのですが、何も塗っていなくても均一で綺麗な肌色をしていました。そのことが嬉しくて、その後も続けると、お風呂上がりに痛いと感じるくらい突っ張ってしまっていた顔がもちもちしてきました。

代謝もよくなったようで、肌のキメが細くなったのか、以前に比べてツヤが出てきたように感じています。乾燥肌をここまでもちもちの肌に変えてくれたごまの効果、絶大です。そして、ごまは食物繊維が豊富らしく、便通が良くなりました。排出物を溜めないことも、美肌につながっているのだと思います。

しかし、いくら美肌に効果があるからといっても、食べ過ぎは禁物です。小さいわりに、ごまは意外にも高カロリーなのです。ごまから油がとれるくらい油分も多く、食べ過ぎるとニキビができたり太ったりするので注意が必要です。一度にたくさん食べて効果を得ようとせず、毎日少しの量を継続して食べることが大切です。適量を食べることで損することはないであろうごま、肌荒れや乾燥肌が気になる方は、ぜひ一度ごまのパワーを体感してみませんか。