べたつかずオイルで保湿ケア

べたつかずオイルで保湿ケアを行ういくつかのポイント

美容オイル


乾燥肌を改善するには、皮膚の細胞間に水分を挟み込むようなイメージで保湿をすることが重要です。その為に乳液や化粧水、美容液などあらゆるスキンケアアイテムを使用される女性が多いですが、べたつくなどの理由でオイルは敬遠されがちです。

しかし、オイルを正しく使うことで肌の保湿力を格段にアップさせることができるので、見逃せないスキンケアアイテムなのです。こちちらでは、そんな肌への浸透率が高いオイルについての正しい知識をご紹介いたします。


【オイルは具体的にどのようなものを選べばいいの?】
確かに、オイルの中にはべたつきを感じるものも少なからずあります。では良いオイルを選ぶのにはどのような特徴があるのかと言いますと、植物性の無添加のものが挙げられます。

特に“ホホバオイル”は植物性の液体ワックスとして有名で、肌を日光から守ることもできる優秀なオイルです。伸びが良いオイルなので、少量で広範囲を保湿することができます。

また“オリーブオイル”も肌馴染みが良く、テクスチャーが水のようなので塗った後の不快感を感じにくいです。スプレータイプのものを選べば、より使い勝手が良いので試してみることをお勧めいたします。

他にも皮膚を再生させ炎症を抑える働きを持つ“ローズヒップオイル”や、さらっとした触り心地になるのに妊娠線やニキビの跡にも効果的な“サフラワーオイル”などが乾燥肌に有効です。


【オイルをどのように塗ればいいの?】
正しい塗り方でオイルを利用すればべたつきも防げますし、より保湿効果を高めることもできるのでぜひ頭に入れておきたい情報です。

まず時間帯ですがお風呂上がりの夜がお勧めです。皮膚は夜に修復することもあり、お風呂上がりの少し水分が付着した状態に塗布することで、浸透率を上げて肌のターンオーバーを促進することができます。

他の化粧水などと併用する場合、乾燥肌の方は一番最初に塗るように心掛けることが大切です。美容オイルに含まれるビタミンやミネラルを初めに染み込ませると、肌が柔らかい状態を保ち続けます。他のスキンケアアイテムも行き渡りやすくなるので、順番はとても重要です。因みに脂性肌の人は、お手入れの最後に使うことを推奨されています。

塗り方は、オイルを2〜3滴手の平に出したら直接塗らずに手の平に馴染ませ、それを肌に乗せていくことがべたつかない秘訣です。余談ですが、リキッドタイプのファンデーションに少量混ぜることで日中の乾燥対策にもなります。

また、蒸しタオル後にオイルを塗って保湿したり、マッサージの滑りを良くし摩擦を軽減するためにもとても役立つので、乾燥肌の人は意識してオイルを生活に取り入れてみることで肌を改善しやすくなるのです。